段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方【解説&失敗談】

こんにちは、気ままです^^

気ままは、ついこの間まで、こんなことで悩んでいました。

気まま
気まま

子どもの絵本がだんだん増えてきたなぁ・・・
本棚に詰め込みすぎて、子どもが1人で
片付けられないのも嫌だなぁ・・・

そう、絵本のお片付け問題です!!

たくさんの絵本を子どもに読ませてあげたいけど、どんどん量が増えていくので、収納に困りますよね・・・

今回は、誰でも簡単に手に入る、段ボールと牛乳パックで絵本棚を手作りした方法と、作った結果をお伝えします。

スッキリ収納出来るようになったので、気ままも娘も快適ですよ~♡

手作りだから「世界に1つしかない絵本棚」が作れます^^

目次

段ボール×牛乳パックで絵本棚を手作りするきっかけ

気ままが絵本が好きということもあり、子どもにはたくさん絵本を読んであげたいという思いから、つい「いいな」と思った本を買ってしまいます。

1年で最低でも5冊は買ってるので、結果的に絵本は絵本棚の容量を軽く超えてしまいました。

ある日、絵本がきちんと整頓されず散らかっているのを見て

「どうして片付けないの?」と聞いたところ

「固いから出来ないの」と言われ確認すると、確かに大人でも片付けにくくなっていました。

このままでは、整理整頓することも覚えられないし、片付けも嫌いになっちゃう・・・

気まま
気まま

そうだ!
段ボールと牛乳パックで絵本棚を手作りしちゃお♡

ということで、作って見ることになったのです^^

段ボール×牛乳パックで絵本棚を作り方 <準備物>

さあ!作ろう!と思っても、材料がないと出来ないので、まずは必要な物を集めるところから始めますよ^^

準備物

  • 段ボール ( なるべく大きくて強度の強いもの )
  • 牛乳パック ( 1セット4パック×18セット = 72本分 )
  • インテリアシート or お好きな布 ( 気ままはインテリアシート5本使った )
  • ボンド ( 大量に使うので大きいものが結果的に安く済む )
    瞬間接着剤、グルーガンでもOK◎
  • ガムテープ
  • カッター or 段ボールカッター
  • メジャー or ものさし

用意するものはこの7つです。

詳しく説明しますね^^

< 段ボール >

大きくて強度の強いものとは、洗剤やおむつ、お茶や水などの重たい商品が入っているものは重さに耐えないといけないため、頑丈になっています。

触ると分かると思いますが、明らかに薄さが違うので注意して選んでください。

段ボールのポコポコ穴の開いた断面が大きいほどしっかりしていて、絵本棚に向いています◎

出来るだけ、同じ大きさのものが理想ですが、難しいようであれば多少違っても問題ありません。

集めるのが大変な方は、こちらでもOK♪

< 牛乳パック >

牛乳パックは、1セットが4パックで出来ています。

1つの牛乳パックにジャバラ折りした3パックを詰め込んでいます。

これは、絵本の強度に耐えるためですので、多ければ多いほど強くなります。

気ままは、1人ではさすがに無理だったので親と兄に頼んで集めてもらいました^^

4パックで作って、今のところ潰れそうな気配もないのでジャバラ折りは3パックでも良さそうです◎

ジャバラ4パック分で作っている方もいましたので、「3パックじゃ心配だ」という方は、増やしても問題ないですね♪

あまり絵本を入れないという方は、2パックにしても大丈夫だと思います◎

< インテリアシート or 布 >

これは、お好きな柄でOK♪
気ままは部屋のレイアウトに合うように、インテリアシートにしました。

子ども用ですので、お好きなキャラクターの布でもいいと思います。

完成を見た感想は、遠目で見ると分からないけど、近くで見るとインテリアシートは、手作り感がすごいですね(笑)
布のほうが高級感はありそうです。

足りなくなった時の分( 予備 )も一緒に買ったので、5本にしましたが、ちょうど良かったです。

・安く済ませたい ⇒ インテリアシート
・値段は気にしない ⇒ 布

といった感じで選ぶのもいいですね^^
オシャレな本棚を買うことを考えたら、布も十分安価で済みます。

< ボンド・グルーガン・瞬間接着剤 >

これは、段ボールと牛乳パックを繋げるために使用します。

気ままは、ボンドと瞬間接着剤で作りました。
ボンドは初め、100均の小さいものを使っていましたが、

・すぐになくなる
・くっつきにくく、乾きにくい

ので、コーナンで大きい速乾のものを購入しました!

100均で3つ買うより、断然、安く買えた・・・(;_:)

瞬間接着剤は、1番背の部分になるところに使用しましたが、特に何か効果があるわけではなかったです(笑)
1番前に絵本を入れがちになるので、前を接着剤にして強度を上げても良かったかな?と思います。

< ガムテープ >

ガムテープは、牛乳パックを繋げる時に使います。

気ままが使用したものは、家にあった紙製のガムテープですが、出来れば布製のガムテープがしっかししているので、おすすめです。

牛乳パックは、1セットにしたものを、3セット繋げて1つの棒に。
それを、1段・2段・3段と重ねたものを作っていきます。

繋げる時にガムテープでぐるぐる巻きにします。

カッターは段ボールを切る時、メジャーは段ボールの大きさを計る時に使います(‘;’)

細かい説明は以上になります。

段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方 <段ボールの準備>

気ままが作ったものはこちらです。

 絵本の数が多いので
 3段にしました^^

 牛乳パックはむき出しの   ままです(笑)

 前から見たら完璧★

まずは、段ボールを用意します。

必要な枚数は、作る大きさによって変わってきます。

牛乳パックを作るのもかなりの手間だったので、簡単にしたい場合は、牛乳パックの長さに合わせて作ると早いです^^

気ままは、右の画像の通り、カラーボックス( 2段・横置き )の上に置きたかったので、カラーボックスのサイズを計ったらちょうど、牛乳パック3つ分だったので、3つにしました。

本格的に作っている人は、下にカラーボックス風のボックスも段ボールで作っていました。
気ままには無理だ・・・(笑)

段ボールのサイズ

  • 背面   高さ50㎝×横 牛乳パックの長さ×2枚
  • 真ん中① 高さ40㎝×横 牛乳パックの長さ×2枚
  • 真ん中② 高さ30㎝×横 牛乳パッ…(省略w)×2枚
  • 前面   高さ20㎝×横 牛…もういい?(笑)×2枚
  • 側面    高さ50cm×斜面は50~20㎝の高さになるように計る ×4枚
         ※計るのが難しいなら、土台が完成してから段ボールを
          合わせて斜面部分を計って切り取ってもOKです★

段ボールはそれぞれ2枚(サイドは4枚用意して、貼り合わせ強度を強くします。

※失敗談※
前面は子どもが触るのと、1段目に何冊も入れがち(入れやすいから)なので、すぐに壊れたので、全面は3枚にしてもいいかと思います。

これに合わせて、インテリアシートや布を用意してください。

段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方 <牛乳パックの準備>

用意する数と数え方をもう一度、説明します。

段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方

こんな感じで牛乳パックをつなげていくのですが、1つの牛乳パックの中に3パックがジャバラ折りになって入っています。

写真では分かりにくいのでPDFを参考にしてください。
手前から1段、2段、3段と階段のように高さが変わっています。

そんなに数集められない!
ってい人の方が多いと思います。

そういう場合は、広告チラシとか新聞などを詰めても大丈夫◎
ぎゅうぎゅうに詰めちゃってください♪
これもかなりの数が必要になると思うので、親戚やお友達などに助けてもらうのが1番早いです^^

強度を必要とするなら、牛乳パックが断然おすすめです

牛乳パックの繋げ方

  1. 1つは、注ぎ口の部分だけを切り取ります
  • 残りの3つは、牛乳パックを切り開いて、注ぎ口と底を切り取る
  • 3つを縦の線に沿ってジャバラ折りにする
  • ジャバラ折りにしたものを、①に入れる
  • 必要な個数作れたら、PDFの通りにガムテープで繋げる

※失敗談※
繋げる時にジャバラの方向を考えないとダメです!!
ジャバラが縦になるようにして繋げないと、凹んでしまいます。

段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方 <インテリアシートの準備>

インテリアシートは先ほど言ったように、段ボールの大きさに合わせて用意します。

気ままは、5本使用しました★

インテリアシートの大きさによっても違うと思うので、ご自身で確認してくださいね。

インテリアシートの貼り方

貼り方は自由でいいと思うのですが、なるべく無駄を無くしたいなら、段ボールが重なる内側部分は貼らなくて大丈夫です★

布で作る場合も同様です。

布を段ボールのサイズに合わせて少し大きめに切って、ボンドや両面テープなどで貼っていきます。

※失敗談※
段ボールの柄が内側になるように貼った方が綺麗です!!
柄が外側だと透けて見えるのでかっこ悪いです・・・

つまり、インテリアシートを貼るのは、何も書いていない面です!

段ボール×牛乳パックで絵本棚の作り方 <組み立て>

段ボール 牛乳パック 絵本棚 手作り

それぞれ準備が出来たら、いよいよ組み立てです。

ここまで長かったですね・・・
お疲れさまでした!あとひと踏ん張りです!!

  1. 背面の段ボールと3段の牛乳パックを貼り合わせる
  2. 3段の牛乳パックに真ん中①(40㎝)の段ボールを貼り合わせる
  3. 真ん中①(40㎝)の段ボールに2段の牛乳パックを貼り合わせる
  4. 2段の牛乳パックに真ん中②(30㎝)の段ボールを貼り合わせる
  5. 真ん中②(30㎝)の段ボールに1段の牛乳パックを貼り合わせる
  6. 1段の牛乳パックに前面の段ボールを貼り合わせる
  7. サイドの段ボールを貼り合わせる

★ 完成 ★

全部貼り合わせたら、上から重しになるようなものを置いて乾燥させます。

気ままは、ローテーブル(こたつw)なので、机の部分を取り外して乗せました(笑)

机って結構重たいのに、それでも倒れり潰れたりしなかったので、絵本棚もかなりの強度だなと感じました^^

まとめ

やっと完成しましたねー!

本当にお疲れ様でした★
そして、最後まで読んでくれてありがとうございました^^♡

作るのは大変だったけど、子どもが自分で片づけるようになったし、何より、絵本をよく読むようになりました(^^)/

以前も読んでいたけど、片付けが出来ないことから絵本に中々手が出なかったようです。

「作ってくれてありがとう」と言われた時には、泣きそうになりましたが、作ってよかった1品です^^

準備物も多いし、大量に集めないといけないので、やるまでがかなり億劫ですが、悩んでいるなら作るべき!だと確信しています。

作ってよかった大満足の絵本棚になりました^^

※ 作る際は、段ボールや牛乳パックなどを切る時に手を切らないように気を付けて注意して行ってくださいね♪

段ボールで遊びながらプログラミング学習”embot”~子供が夢中になる遊び~


シェアしてね

この記事を書いた人

幼稚園教諭・保育士で食生活アドバイザーのきままです。
姉妹( 4歳・1歳 )のママをしながらブログ運営をしています。
産後ダイエット(‐18㎏)達成【ダイエット現在進行形】
子育てに役立つ情報や妊娠・出産・産後の気になることを続々と発信中^^
SNSフォローよろしくお願いします🌻

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる